総合診療内科

当科の特色

1. 診療実績と体制

聖マリアンナ医科大学 総合診療内科では年間1,200人程度の入院患者の診療を担っています。入院管理は川崎市立多摩病院にて行なっており、各科を交えた複数の混合チームで診療を行なっています。複数の疾患を抱える高齢者の治療からICU管理まで幅広い疾患を担当しております。

 

2. 専門医プログラム

I.  総合診療専門医プログラム

川崎市立多摩病院では2018年度から開始となった総合診療専門医の研修プログラムがあります。総合診療専門医の前身となる日本プライマリ・ケア連合学会の家庭医療専門を現在までに10名輩出しており、そのうち4名が近隣で開業し、相互に診療協力をしています。

【ローテーションの一例】

1年目:内科研修
2年目:ER研修、小児科研修、離島・僻地研修
3年目:総合診療研修、選択研修、診療所研修

図8

II.   新内科専門医プログラム

川崎市立多摩病院における新プログラムを2019年度から募集開始予定。現在申請中。

3. 教育プログラム

【初期研修医レクチャー】

毎週金曜日に、多摩病院全体のスタッフで、初期研修医へレクチャーを行なっています。日常診療に役立つ知識を分かりやすく解説しています。後期研修医でも勉強になる内容であるため時間の許す限り後期研修医の皆さんにも参加してもらっています。

図1

【後期研修医レクチャー】

毎週水曜日に後期研修医向けにレクチャーをしています。総合診療医として必要な専門領域の知識を身につけることができます。

図2

【MDM勉強会】

MDMとはMedical Decision Making、すなわち科学的で論理的な意思決定ができる手法や考え方について学ぶ勉強会です。月に2回、海外論文の抄読会を行い、その論文の批判的吟味・質の評価と評価するための疫学知識・統計学知識を養いつつ、その論文を読んで日常診療にどのように役立てることができるのか学ぶための会です。

P1020619

4. 研究

大学院(総合診療アカデミックコース)に進む方法と、大学院に進学せずに研究を行う方法があります。

大学院(総合診療アカデミックコース)

診療助手として臨床を行いつつ、研究に専念できる時間を設けています。具体的にどのような研究を行うか研究デザインをしっかりと決め、研究を行います。限られた時間で行うので基本的には観察研究となりますが、学位を取るための付け焼き刃の研究ではなく、大学院を修了しても継続・発展可能なデザインとしています。1-3学年目は週に半コマほどのfreeな時間を作り、3-4年目の間でベッドフリーを設けて論文を集中して書く時間を取っています。

1-2年目:疫学や統計学についてのレクチャーを受けつつ勉強しながら研究デザインの決定と症例数の確保をしていきます。

3年目:疫学や統計学の知識を用いて解析を行います。学会発表や論文投稿を行います。

4年目:学位発表を行います。

 

大学院に進学せずに研究を行うこともできます。日常診療をこなしつつ、空き時間を見つけて研究デザインの決定、症例数の確保、解析、論文化を行なっていきます。指導医が適宜サポートしますが、学位の取得も視野にいれている場合は、研究に専念できる時間を確保可能な大学院進学の道を選ぶことをお勧めします。

 

【研究テーマ一覧】

◼ポリファーマシー、薬剤有害事象、処方最適化などに関する疫学研究

◼外来受診時の症状の表現の仕方(オノマトペ)による診断予測の試み

◼長期入院や︎嚥下機能不良の予測因子に関する研究

◼施設入所高齢者の歩行パターンや睡眠深度など、身体機能データに関連する因子の研究︎

◼効果的な身体診察教育や、若手医師のキャリア選択などに関する医学教育研究

◼スポーツ医学に関連した基礎研究、臨床研究

◼感染症診療に関わる臨床研究

◼自治体の健診データを活用した疫学研究

など

5. 1年間の入院症例数(平成28年度)

総合診療内科を含む内科混合チームで診療をしているため、下記のように多岐にわたる疾患を経験することができます。

図7

 

6. 主な一週間のスケジュール

1日のスケジュール

7. 風景

図4

7992031441914.jpg

8. 医局員の主な研修医療機関(初期臨床研修を含む)と資格

研修協力病院

多摩ファミリークリニック

久地診療所

あいクリニック中沢

あさお診療所

聖マリアンナ医科大学病院

川崎市立井田病院

相模原赤十字病院

湘南鎌倉病院

湘南藤沢病院

東京ベイ・浦安市川医療センター

大船中央病院

名瀬徳洲会病院(奄美二次医療圏 僻地指定)

名瀬徳洲会病院(奄美二次医療圏 僻地指定)

笠間市立病院 (水戸二次医療圏 被災地指定)

高知県佐川町立高北国民健康保険病院(中央二次医療圏 僻地指定)

 

9. 専門医、指導医

専門医・認定医

 

10. 関わりの深い診療科

外科、内科を問わず全ての診療科と関わり、お互いに協力し合いながら診療を行なっています。

 

11. リンク

川崎市立多摩病院 臨床研修医サイト

総合診療内科の研修に興味を持たれた方はこちらにどうぞ!

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。