おすすめ

【報告/資料公開】2022年度 内科専門医研修プログラム説明会開催

2021.6/29にオンラインにて聖マリアンナ医科大学病院群の内科専門医研修プログラムオンライン説明会を開催いたしました。

プログラム説明動画を掲載いたします。
内科専門医取得に不可欠なJ-OSLER、JMECCに関する説明、当法人の待遇(給与・産休など)の情報がございます。(2021.6月時点での情報となります)

2022年度聖マリアンナ医科大学病院群内科専門研修プログラム合同説明会へご参加いただきありがとうございます。本院(大学病院)・横浜市西部病院・川崎市立多摩病院は、それぞれ特色あるプログラムを展開しており、今回の説明会ではそれぞれのプログラム責任者より病院の特徴と共にプログラムの特色を説明頂きます。専門医制度も導入から3年が経過し、我々のプログラムでも指導のノウハウが蓄積されております。皆さんがキャリアプランとして内科を安心して選択いただけるものと思います。是非最後までご視聴いただき、不明な点がありましたらご質問いただければ幸いです。

                 聖マリアンナ医科大学 内科学講座代表 峯下昌道

聖マリアンナ医科大学病院群

プログラム説明動画

聖マリアンナ医科大学病院(本院)
新内科専門医研修プログラム

サブスペシャルティ研修に重点を置きたい方向け

※本院プログラムのスライドは病院群のスライド後半にてご覧いただけます。

聖マリアンナ医科大学
横浜市西部病院
内科および救急-内科プログラム

サブスペシャルティ研修と救急医学研修の両立が可能なプログラムをお考えの方

川崎市立多摩病院
総合診療専門医プログラム

サブスペシャルティだけでなく総合的な内科としての力を伸ばしたい方向け

J-OSLER世代の若手医師からの
メッセージ

J-OSLER世代の若手医師からの
メッセージ

中村愛先生 初学会発表のご報告

2022年9/9-9/10に岡山で開催されましたStructure Club Japan Live Demonstration 2022にて、当科に本年四月に入局された中村愛先生(東京女子医大卒)がポスター発表されました。

演題名
急性心不全にて救急搬送された超高齢ASに対し緊急TAVIを施行し救命し得た一例

演者:中村 愛(聖マリアンナ医科大学病院 循環器内科)
共同演者:
佐藤如雄・出雲昌樹・有馬佑策・小林芳邦・甲斐貴彦・桒田真吾・奥山和明
田邉康宏・原田智雄・明石嘉浩

臨床研修中はコロナ禍であり、オンラインでの学会参加経験が中心でありましたが、今回初めての現地開催の循環器関連学会、学会発表でありました。
発表だけでなく、質問にも対応され、日々の臨床の中で学ばれたことが活かされたとのことでした。
専攻医として日々臨床で忙しい中でも、TAVIチームを中心として指導を受け、入局半年を待たず発表にこぎ着けました。今後の症例報告記載に向けて、幸先の良いスタートを切れたかと思います。

聖マリアンナ医科大学循環器内科では日々の臨床を通じて、アカデミックな経験を積むことが出来ます。またその指導は臨床のチームの枠を越え、医局全体でサポートしております。
後期研修のキャリアプランでお悩みの方、市中病院で研鑽を積まれ、次の2ndキャリアをお考えの循環器内科医の見学を心よりお待ち申し上げております。

中村先生、共同演者の先生おめでとうございます。

トランスサイレチン型心アミロイドーシスに対するビンダケル導入施設認定

トランスサイレチン型心アミロイドーシスに対するビンダケル導入施設として(導入医師 石橋 祐記准教授)日本循環器学会より認定されました。

認定期間 2022.07/04-2028/06/30

https://www.marianna-circ.jp/news/notice/20220804/3395/

【祝】割澤先生 CVIT 2022 YIA 最優秀演題賞受賞

第30回日本心血管インターベンション治療学会; CVIT 2022 学術集会にて当科ならびに聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院、岐阜ハートセンターに所属する割澤高行先生がYIAで最優秀演題賞を受賞されました。

割澤先生はEuroPCRの「Got Talent」で日本人が初めてファイナリストに選出される など、冠動脈インターベンション術者であると同時に日本を代表する研究者として活躍されています。

現在は岐阜ハートセンターに所属し活躍されていますが、本学での経験を活かし、今後も益々のご活躍を期待しております。