おすすめ

内科COVID-19診療チーム(内科Cチーム)の病院長表彰

大学病院に勤務している教職員・部署等に対し大学病院の発展等に多大なる功績をもたらし、他の教職員の模範となった者等に、その栄誉を讃え、功績に対し行われる病院長表彰ですが、2020年度は、COVID-19の治療に尽力した内科COVID-19チーム(通称 内科Cチーム)が選ばれました。

大坪病院長より表彰。内科Cチーム代表 呼吸器内科医局長 西根先生・循環器内科医局長 石橋先生

数々の報道にあるように、当院では多くのCOVID-19症例を受け入れています。報道されるような重症例に限らず、いわゆる軽症~中等症患者(呼吸器管理を要しない)や疑似症患者(感染の疑いがある症例)の受け入れも不可欠でありました。

大学病院の要請をうけ、この軽症~中等症患者や疑似症患者の診療を内科学講座を中心とした内科Cチームが結成され、聖マリアンナ医科大学の診療、ひいては地域医療の維持に貢献したものと思います。

表彰者記念撮影

まだまだ予断を許さない状況ではありますが、内科学講座一丸となってこのコロナ禍に立ち向かっています。今後もマリアンナと地域医療をささえる土台として尽力して参ります。引き続き応援・ご支援の程よろしくお願い申し上げます。

病院長表彰

おすすめ

【報告/資料公開】2021年度 内科専門医研修プログラム説明会開催

2020.6/25にオンラインにて聖マリアンナ医科大学病院群の内科専門医研修プログラムオンライン説明会を開催いたしました。

プログラム全体の説明資料動画(17分)を掲載いたします。

資料にはプログラムの詳細のほか、内科専門医取得に不可欠なJ-OSLER、JMECCに関する説明、当法人の待遇(給与・産休など)の情報がございます。
(2020.6月時点での情報となります)

聖マリアンナ医科大学内科専門医研修プログラム2020総論動画

開催状況
聖マリアンナ医科大学法人内施設研修医
申し込み 25名(1年次9名、2年次16名) 
※リアルタイム視聴者12名

外部施設研修医  
申し込み 14名(1年次1名、2年次13名) 
※リアルタイム視聴者6名

すでにお申し込みいただきました全ての参加者に資料・動画のリンクをお送りしておりますが、追加オンデマンド視聴のご希望がありましたので掲載いたします。

ご参加誠にありがとうございました。また見学などのご希望は
内科学講座代表秘書メールアドレス
naikagaku-002アットマークmarianna-u.ac.jp
(アットマークを@に変更ください)
までご連絡ください。



内科学会ことはじめ2021で優秀賞を受賞

2021年4月10日、第118回 日本内科学会が開催され、当科からは研修医石田健祐先生が医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2021 東京で「LAMP法とPCR法が複数回陰性でも隔離解除できなかったCOVID-19疑似症肺炎の1例」の発表を行いました。

当日のライブでの発表や質疑応答も立派に答えており、優秀演題賞を受賞されました。

石田健祐先生、指導いただいた古屋直樹先生、おめでとうございました!

2021年度大学病院ハートセンター始動

コロナ禍の中迎える二回目の春ですが、本年度、聖マリアンナ医科大学循環器内科大学病院では4名の新規入局者を迎えました。

本学を卒業後、他施設での研修を修了され当教室に入局された鮫島未奈先生、伊藤伸吾先生、内科後期研修の最終年度に当科を選択くださった庄司達郎先生、不整脈班のスタッフとして入職頂きました須知太郎先生の4名です。今後入局までの経緯など詳しくお聞かせ頂こうと思います。

4/5には入職オリエンテーションを終えられたばかりの一年次研修医4名(吉井先生・尚原先生・芦川先生・加藤先生・小川先生)と二年次研修医(有馬先生・福村先生・佐々木先生・石井先生)の合計9名をお迎えすることができました。

人生で一度きりの医師人生初日を当科で迎えられた四名、特に小川先生は富山大学出身ということで本学に不慣れな点もあろうかと思いますが、医局員一同サポートして行こうと思います。

また二年次も2名が二度目の大学病院循環器内科ローテート、1名が西部病院循環器内科に引き続き二度目の循環器内科ローテートということで、前回よりもさらに充実した研修となるよう工夫していきたいと思います。

診療の合間を縫って、この四月からハートセンターで診療にあたる医師・研修医・看護師(診療看護師・認定看護師)で集合写真を撮影いたしました。
現在、内科ローテート中の村田先生・村松先生も急遽ご参加頂きました。

後日、付属病院でも集合写真を撮影したいと思います。
新入局員の先生はじめ、今後とも聖マリアンナ医科大学循環器内科にご支援頂けますようお願い申し上げます。
また当科を選択くださった9名の初期臨床研修医の先生方のご期待に添えるよう、医局員一同教育にも尽力したいと思います。

呼吸器学会地方会で優秀賞を受賞

2021年2月13日、第243回 日本呼吸器学会関東地方会がオンライで開催されました。

当科からは研修医塚原拓也先生が「コイル塞栓術加療12年後に再開通による呼吸不全をきたした肺動静脈瘻の1例」の発表を行いました。

初めての発表でしたが、堂々と発表され、座長からの質問にも誠意をもって返答しているのが印象的でした。

今回の学会で、優秀賞を受賞するという快挙を達成しました。

塚原拓也先生、指導いただいた松澤慎先生、おめでとうございました!

第78回内科合同勉強会で発表

2020年9月9日(水)に第78回内科合同勉強会が行われました。

呼吸器内科からは初期研修医の石田健佑先生が「LAMP陰性かつPCR陰性でも隔離解除できなかったCOVID-19擬似症肺炎の一例」の発表を行いました。

例年、症例報告の中から選ばれた1演題が「日本内科学会ことはじめ」で発表の機会をいただくことになっています。

2020年度は石田健佑先生の演題が選ばれ、「日本内科学会ことはじめ2021」で発表することになりました!

2020年度送別会開催のご報告

2021年3月29日に当科初のハイブリッド送別会を開催いたしました。
今年度で退職される塚原先生、山田先生、米山先生、4月よりスポーツ医学教室に移られる足利先生に、それぞれ桒田先生、原田先生、明石先生、出雲先生より記念品が贈呈されました。

塚原先生は研修医時代から卓越した臨床センスとコミュニケーション能力で後輩からも慕われ、当科の女性医師が増えるきっかけにもなりました。
山田先生は研修医時代は産婦人科と迷ったものの、原田教授から勧誘の電話が最後の決め手となり、循環器の最前線と育児・出産を両立した医師としてロールモデルとなりました。
米山先生は臨床・教育・研究のどの領域でも活躍するとともに、日本いちチャンネル登録者の多い循環器専門医/YouTuberとして、当科でも最も型にはまらない働き方を示されました。
足利先生は学生時代からスポーツ医学を志し、その繋がりから心臓リハビリテーションを通じ数々の業績を上げ、伝統ある当科とスポーツ医学との深い繋がりをさらに強くしていただけることとなりました。

寺本先生はハーバード大学公衆衛生大学院への留学経験と、そこで培った疫学、統計学の力を活かし、シンガポールに研究の拠点を移され、今後も循環器領域の新たな発見に貢献されるものと期待しています。
星野先生は東横病院のリニューアルにあわせ入職されたのち、本院では健康管理部で循環器専門医として健診業務・人間ドックに携わり、循環器内科医として侵襲的な治療や病棟診療に限らない働き方のロールモデルを示されました。

昨今の情勢であり送別会が開催できないものの、感謝の気持ちを少しでもお伝えしたく、当科初のオンライン送別会を開催いたしました。
慣れ親しんだ仲間が医局を去るのはもちろん寂しいことではありますが、決して悲しいことではありません。当科で学んだこと、得た経験を次の新天地で存分発揮されるものと期待しています。
今後とも聖マリアンナ医科大学循環器内科医局を暖かく見守るとともに、新しい立場から御指導・御鞭撻頂けることを期待しています。我々も笑顔で送り出したいと思います。

また、この4月にも新たに6名の入局者を迎えます。そのうち4名はこの3月で初期臨床研修を終える3年目の後期研修医です。4名のうち2人、松田迪先生と石垣彩先生が3/26に聖マリアンナ医科大学初期臨床研修を修了の報告が届きました。
松田迪先生は学生時代に内科学会ことはじめで当科指導のもとポスター発表を行い、優秀演題賞を受賞した期待の新人です。
石垣彩先生は研修の記録であるポートフォリオの内容が優れた研修医に送られるポートフォリオ賞と、学術発表奨励賞を今回受賞されました。
まだ臨床能力は発展途上であるものの、若い・新しいメンバーが加わることは我々にとっても大いに励みになります。

組織のメンバーが入れ替わることは、時代の流れや社会のニーズに柔軟に対応するためにも不可欠なことです。これからも様々な働き方やキャリアプランを提供できる聖マリアンナ医科大学循環器内科であるためにも、退局される先生を笑顔でお送りし、新たに入局される先生も笑顔でお迎えしたいと思います。

2021年度も、聖マリアンナ医科大学循環器内科をどうぞよろしくお願い申し上げます。