平成29年度 末梢経気管支生検の診断率

肺野末梢性病変の確定診断のために、気管支鏡を用いて病変部からその一部(組織)、細胞を採取する末梢経気管支生検(transbronchial biopsy; TBB)の診断率を集計したところ、88.8%でした。一般的に報告されている診断率が80%前後であり、それを上回る好成績でした。

当科では、ナビゲーションシステム、超音波気管支鏡(EBUS)などの機器を利用し、またカンファレンスで生検部位の枝読み(腫瘍に至る気管支の同定)を行うことで診断率向上に努めています。

図1

多摩病院 MDM

今日は、定例の多摩病院MDMを行いました。MDMとは、 Medical Decision Making  という、科学的で論理的な意思決定ができる手法や考え方について学ぶ勉強会を多摩病院で月に2回開催しています。英語の論文を読む技術を学びつつ、日常診療にどのように生かすか考えていく会です。

今日は論文は読まずに、交絡因子とバイアスについてのレクチャーでした。とても分かりやすく勉強になりました!

IMG_2875.JPG