平成29年度 末梢経気管支生検の診断率

肺野末梢性病変の確定診断のために、気管支鏡を用いて病変部からその一部(組織)、細胞を採取する末梢経気管支生検(transbronchial biopsy; TBB)の診断率を集計したところ、88.8%でした。一般的に報告されている診断率が80%前後であり、それを上回る好成績でした。

当科では、ナビゲーションシステム、超音波気管支鏡(EBUS)などの機器を利用し、またカンファレンスで生検部位の枝読み(腫瘍に至る気管支の同定)を行うことで診断率向上に努めています。

図1

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。