第75回内科合同勉強会で発表

9月11日(水)に第75回内科合同勉強会が行われました。

呼吸器内科からは初期研修医の小池遥介先生が「ぺムブロリズマブによる薬剤性肺障害と癌病勢増悪の鑑別を要したEGFR遺伝子変異陽性進行肺腺癌の一例」の発表を行いました。

医師になって初めての発表でしたが、とてもすばらしい発表でした。

 

20190911

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。