【祝】 平澤先生 論文掲載

平澤 憲祐先生の論文がEchocardiographyに掲載されました。

肥大型心筋症患者における運動負荷エコーにおいて右室機能の重要性について明らかにしました。
右室機能の簡便な指標の一つであるTAPSE (tricuspid annular plane systolic excursion)の運動前後での変化と心血管イベントの関連を検討したもので、本邦に多い肥大型心筋症患者の予後予測にも応用が期待されます。

平澤先生、共著者の先生方おめでとうございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。