循環器内科学PV

循環器内科では、5Gの時代到来を意識して、動画での医局紹介を始めました。Youtubeに掲載しましたので、宜しければ御覧下さい。

Medical Finder導入のご案内

医学情報センターより「MedicalFinder」導入のご案内がありました。

MedicalFinder

Medical Finderは和雑誌54誌が閲覧できる電子ジャーナルサービスで多職種にわたる方々にご利用いただけるサービスです。既に法人全施設で利用が可能です。

専攻医はもちろんん、専攻医の指導に当たる先生方にとっても頼もしいサービスです。

ご利用は下記医療情報センターリンクまで

以下 閲覧可能な書籍一覧です。

Medicina、Hospitalist、INTENSIVIST、LISA、循環器ジャーナル、胃と腸、リハビリテーション医学 etc

計54誌です

日々の臨床にご活用下さい。

http://mic.marianna-u.ac.jp/home

JMECC(日本内科学会認定 内科救急・ICLS講習会)実施の報告 (2019.08/25)

2019.8/25 聖マリアンナ医科大学 教育棟 地下1階シミュレーションセンターにて日本内科学会認定 内科救急およびICLS(救急蘇生)のコースであるJMECC (Japanese Medical Emergency Care Course)を開催しました。本年度本院での3回目の開催となります。

 

シュミレーションセンターの広さを活用し、2ブース(受講6名 x 2ブース)で実施いたしました。

4名の専攻医、7名の内科医、1名のNP(診療看護師)がJMECC認定を受けました。

卒後20年以上のDrから内科専攻医、NPとそれぞれの立場で学びがあったものと思います。

本年度JMECCを受講されたばかりの宮崎先生と土田先生がアシスタントインストラクターとして参加されました。

 

指導者

ディレクター:樋熊 拓未 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

ブース長:吉田 徹 (聖マリアンナ医科大学 救命センター)

ブース長:井上 健男 (聖マリアンナ医科大学 呼吸器内科)

インストラクター:黄 世捷 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

アシスタントインストラクター:石橋 祐記 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

アシスタントインストラクター:宮崎 秀和 (川崎市立多摩病院循環器内科)

アシスタントインストラクター:土田 知也(総合診療内科)

 

 

 

 

2019-08-25 17.33.22.jpg

 

JMECC(日本内科学会認定 内科救急・ICLS講習会)実施の報告 (2019.07/08)

2019.7/8 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院にて日本内科学会認定 内科救急およびICLS(救急蘇生)のコースであるJMECC (Japanese Medical Emergency Care Course)を開催しました。

西部病院では内科専攻医1名と各科の専門医4名が受講しました。
すでにACLSやICLSコースの経験がある中堅以上の医師でも、改めて蘇生のコースを受けることで、自分の専門領域以外の急変への対応について振り返る良い機会になったものと思います。

 

指導者

ディレクター/ブース長:吉田 徹 (横浜市西部病院 救命救急センター)

インストラクター:柴田 朋彦 ( 横浜市西部病院 リウマチ・膠原病内科)

インストラクター:森川 大樹 (聖マリアンナ医科大学病院 救命救急センター)

インストラクター:黄 世捷 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

2019-07-07 17.18.57.jpg2019-07-07 12.05.23.jpg2019-07-07 17.18.38.jpg

第77回聖マリアンナ医科大学医学会最優秀論文賞受賞

当科の小德のぞみ先生の学位論文が、見事最優秀論文賞に選ばれました。

令和元年7月6日に開催されました第77回聖マリアンナ医科大学医学会にて、記念講演と表彰がおこなわれました。

 

 

臨床では心臓カテーテル治療を専門としながらも、心不全や不整脈疾患の診療の最前線で活躍しつつ、大学院の4年間で見事学位取得しています。

学位論文「The Impact of In-stent Restenosis Detected upon Routine Follow-up
Angiography after Percutaneous Coronary Intervention with Metallic Stent

当科では臨床において最先端の医療を提供するばかりでなく、学生・研修医の教育、そしてアカデミックな活動、研究にも注力しています。

若手医師であっても、アカデミックな視点を持つことは非常に重要なことだと考えております。

小德先生の努力がこのような形で評価されましたこと、医局員一同嬉しく思います。

小德先生のこれからのご活躍を期待しております。

JMECC(日本内科学会認定 内科救急・ICLS講習会)実施の報告 (2019.6/16)

2019.6/16 聖マリアンナ医科大学 教育棟 地下1階シミュレーションセンターにて日本内科学会認定 内科救急およびICLS(救急蘇生)のコースであるJMECC (Japanese Medical Emergency Care Course)を開催しました。

 

シュミレーションセンターの広さを活用し、2ブース(受講6名 x 2ブース)で実施いたしました。

1日を通して内科救急に対する対応を学び、8名の専攻医、4名の内科医がJMECC認定を受けました。今後JMECC開催予定ですが、7月に西部病院で予定しております。

開催時のインストラクター養成のため専攻医以外の受講もお待ちしております。

 

指導者

ディレクター:樋熊 拓未 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

ブース長:吉田 徹 (聖マリアンナ医科大学 救命センター)

ブース長:井上 健男 (聖マリアンナ医科大学 呼吸器内科)

アシスタントインストラクター:半田 寛 (聖マリアンナ医科大学 呼吸器内科)

アシスタントインストラクター:石橋 祐記 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

アシスタントインストラクター:黄 世捷 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

アシスタントインストラクター:菱田 吉明(聖マリアンナ医科大学 代謝・

内分泌内科)

 

JMECC(日本内科学会認定 内科救急・ICLS講習会)実施の報告 (2019.5/12)

2019.5/12 聖マリアンナ医科大学 教育棟 地下1階シミュレーションセンターにて日本内科学会認定 内科救急およびICLS(救急蘇生)のコースであるJMECC (Japanese Medical Emergency Care Course)を開催しました。

病院建て替えのため、シミュレーションセンターが移転して、初回の開催となりました。

1日を通して内科救急に対する対応を学び、4名の専攻医、2名の内科医がJMECC認定を受けました。今後JMECC開催予定ですが、6月に本院・7月に西部病院で予定しております。

開催時のインストラクター養成のため専攻医以外の受講もお待ちしております。2019-05-12 11.21.20.jpg2019-05-12 11.21.30.jpg

 

指導者

ディレクター:樋熊 拓未 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

ブース長:井上 健男 (聖マリアンナ医科大学 呼吸器内科)

インストラクター:吉田 徹 (聖マリアンナ医科大学 救命センター)

アシスタントインストラクター:石橋 祐記 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

アシスタントインストラクター:黄 世捷 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

2019-05-12 17.31.28.jpg

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑