JMECC(日本内科学会認定 内科救急・ICLS講習会)実施の報告 (2019.08/25)

2019.8/25 聖マリアンナ医科大学 教育棟 地下1階シミュレーションセンターにて日本内科学会認定 内科救急およびICLS(救急蘇生)のコースであるJMECC (Japanese Medical Emergency Care Course)を開催しました。本年度本院での3回目の開催となります。

 

シュミレーションセンターの広さを活用し、2ブース(受講6名 x 2ブース)で実施いたしました。

4名の専攻医、7名の内科医、1名のNP(診療看護師)がJMECC認定を受けました。

卒後20年以上のDrから内科専攻医、NPとそれぞれの立場で学びがあったものと思います。

本年度JMECCを受講されたばかりの宮崎先生と土田先生がアシスタントインストラクターとして参加されました。

 

指導者

ディレクター:樋熊 拓未 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

ブース長:吉田 徹 (聖マリアンナ医科大学 救命センター)

ブース長:井上 健男 (聖マリアンナ医科大学 呼吸器内科)

インストラクター:黄 世捷 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

アシスタントインストラクター:石橋 祐記 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

アシスタントインストラクター:宮崎 秀和 (川崎市立多摩病院循環器内科)

アシスタントインストラクター:土田 知也(総合診療内科)

 

 

 

 

2019-08-25 17.33.22.jpg

 

臨床推論勉強会

先日行われた、大船GIMという総合診療内科の臨床推論の勉強会に参加してきました。

当院からも1症例出させていただきました。プレゼンターの先生お疲れ様でした。活発なディスカッションとなり、とても有意義な時間だったと思います。

IMG_3839.JPG

勉強会

本日行われた、東京総合診療カンファレンスに参加してきました。当科をローテートしてくれた先生が発表してくれました。とても勉強になる内容で、堂々とした素晴らしい発表でした。

IMG_3756.JPGIMG_3757.JPG

JMECC(日本内科学会認定 内科救急・ICLS講習会)実施の報告 (2019.07/08)

2019.7/8 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院にて日本内科学会認定 内科救急およびICLS(救急蘇生)のコースであるJMECC (Japanese Medical Emergency Care Course)を開催しました。

西部病院では内科専攻医1名と各科の専門医4名が受講しました。
すでにACLSやICLSコースの経験がある中堅以上の医師でも、改めて蘇生のコースを受けることで、自分の専門領域以外の急変への対応について振り返る良い機会になったものと思います。

 

指導者

ディレクター/ブース長:吉田 徹 (横浜市西部病院 救命救急センター)

インストラクター:柴田 朋彦 ( 横浜市西部病院 リウマチ・膠原病内科)

インストラクター:森川 大樹 (聖マリアンナ医科大学病院 救命救急センター)

インストラクター:黄 世捷 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

2019-07-07 17.18.57.jpg2019-07-07 12.05.23.jpg2019-07-07 17.18.38.jpg

第77回聖マリアンナ医科大学医学会最優秀論文賞受賞

当科の小德のぞみ先生の学位論文が、見事最優秀論文賞に選ばれました。

令和元年7月6日に開催されました第77回聖マリアンナ医科大学医学会にて、記念講演と表彰がおこなわれました。

 

 

臨床では心臓カテーテル治療を専門としながらも、心不全や不整脈疾患の診療の最前線で活躍しつつ、大学院の4年間で見事学位取得しています。

学位論文「The Impact of In-stent Restenosis Detected upon Routine Follow-up
Angiography after Percutaneous Coronary Intervention with Metallic Stent

当科では臨床において最先端の医療を提供するばかりでなく、学生・研修医の教育、そしてアカデミックな活動、研究にも注力しています。

若手医師であっても、アカデミックな視点を持つことは非常に重要なことだと考えております。

小德先生の努力がこのような形で評価されましたこと、医局員一同嬉しく思います。

小德先生のこれからのご活躍を期待しております。

民間医局 レジナビフェア 2019 東京に参加

6月9日(日)に東京ビッグサイトでレジナビフェア 2019 東京が行われました。

聖マリアンナ医科大学は会場の入り口から近い場所で、積極的に各診療科のアピールを行いました。呼吸器内科からは西根先生、篠崎先生が参加しました。

呼吸器内科に興味を持っていただいている7人の先生方にいらしていただき、当科の魅力、研修内容をご説明しました。

後期研修で呼吸器内科を検討している先生で、当科に興味を持っていただけましたら、是非一度見学にいらしていただき、当科の雰囲気を感じていただきたいと思います。

IMG_1834

JMECC(日本内科学会認定 内科救急・ICLS講習会)実施の報告 (2019.6/16)

2019.6/16 聖マリアンナ医科大学 教育棟 地下1階シミュレーションセンターにて日本内科学会認定 内科救急およびICLS(救急蘇生)のコースであるJMECC (Japanese Medical Emergency Care Course)を開催しました。

 

シュミレーションセンターの広さを活用し、2ブース(受講6名 x 2ブース)で実施いたしました。

1日を通して内科救急に対する対応を学び、8名の専攻医、4名の内科医がJMECC認定を受けました。今後JMECC開催予定ですが、7月に西部病院で予定しております。

開催時のインストラクター養成のため専攻医以外の受講もお待ちしております。

 

指導者

ディレクター:樋熊 拓未 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

ブース長:吉田 徹 (聖マリアンナ医科大学 救命センター)

ブース長:井上 健男 (聖マリアンナ医科大学 呼吸器内科)

アシスタントインストラクター:半田 寛 (聖マリアンナ医科大学 呼吸器内科)

アシスタントインストラクター:石橋 祐記 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

アシスタントインストラクター:黄 世捷 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

アシスタントインストラクター:菱田 吉明(聖マリアンナ医科大学 代謝・

内分泌内科)

 

2020年度内科専門医研修プログラム説明会のお知らせ

6/28(金) 17:30~ 内科専門医研修プログラムに関しての説明会を開催いたします。本院・多摩病院・西部病院でのそれぞれの内科プログラムについて概要もご説明します。内科に決めている先生だけでなく、何科に進もうか悩まれている先生もぜひお越しください。お待ちしております!

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑