呼吸器学会地方会で当院研修医2人がW受賞の快挙!

2019年11月23日、第237回 日本呼吸器学会関東地方会を当科が峯下教授を会長として開催致しました(@秋葉原)。当科からは6演題(阿座上先生、西田先生、鶴岡先生、篠崎先生、研修医小池先生、研修医山田先生)を発表し盛会のうちに終了しました。

今回の学会では、研修医の山田都先生が優秀演題賞、同じく研修医の小池遥介先生が奨励賞を受賞するという快挙を達成しました。

当科ではこれからも後期研修医、初期研修医の先生方が、臨床や学会発表で大いに活躍できる場を提供・サポートしていきます。

 

優秀演題賞:山田 都 先生(指導医:古屋)

『肺アスペルギローマ合併肺腺癌に対しニボルマブで長期病勢制御できた一例』

 

奨励賞:小池 遥介 先生(指導医:森川)

『二次治療のペムブロリズマブ単剤が奏効後、薬剤性肺障害が遷延したEGFR遺伝子変異陽性進行肺腺癌の一例』

内科合同勉強会開催のお知らせ

当勉強会は年4回(6月、9月、12月、3月の第2水曜日)18302000の予定で

学生、研修医、コメディカルもしくは御開業の先生方どなたでもご参加頂けます。

皆様、お誘いあわせ上ぜひご参加下さいます様お願い申し上げます。

 

2019欧州呼吸器学会

9月28日〜10月2日にスペインのマドリードで、欧州呼吸器学会ERS International congress2019が行われました。

当科から峯下教授、西根先生、また多摩病院の佐治先生がポスター発表を行い、活発な討議が行われました。

峯下教授 発表

Flexible bronchoscopy for lung cancer diagnosis in patients 85 years and older

西根先生 発表

Non-contact radar screening system in patients with chronic obstructive pulmonary disease

6

佐治先生 発表

Evaluation of airway wall thickness in sever asthma with monoclonal antibody therapy

image2

また発表後にバルで慰労会を行いました。パエリアなどスペイン料理を堪能しました。

3

世界で行われている最新の情報を学ぶことができ、大変有意義な学会でした。

第75回内科合同勉強会で発表

9月11日(水)に第75回内科合同勉強会が行われました。

呼吸器内科からは初期研修医の小池遥介先生が「ぺムブロリズマブによる薬剤性肺障害と癌病勢増悪の鑑別を要したEGFR遺伝子変異陽性進行肺腺癌の一例」の発表を行いました。

医師になって初めての発表でしたが、とてもすばらしい発表でした。

 

20190911

2019 World Conference on Lung Cancerでポスター発表

9月7日〜10日にスペインのバルセロナで、世界肺癌学会World Conference on Lung Cancerが行われました。

呼吸器内科講師の森川慶先生が演題名:Clinicopathological characteristics for NSCLC harboring EGFR exon 20 insertion のポスター発表を行い、活発な討議が行われました。

20190907

第75回内科合同勉強会  

9月11日(水)18時30分から聖マリアンナ医科大学病院本館3階大講堂で第75回内科合同勉強会が開催されました。

こちらの講義は大学院の特別講義に認定されており今回の参加者は79名でした。

次回の開催は12月11日(水)です。

症例報告を代謝・内分泌内科、血液・腫瘍内科、循環器内科。

一般演題は総合診療内科からの報告となります。

学生、研修医、コメディカル他、他科もしくは御開業の先生方どなたでも参加できます。

多くの方のご参加お待ちしてます。

75回内科合同勉強会第

 

JMECC(日本内科学会認定 内科救急・ICLS講習会)実施の報告 (2019.08/25)

2019.8/25 聖マリアンナ医科大学 教育棟 地下1階シミュレーションセンターにて日本内科学会認定 内科救急およびICLS(救急蘇生)のコースであるJMECC (Japanese Medical Emergency Care Course)を開催しました。本年度本院での3回目の開催となります。

 

シュミレーションセンターの広さを活用し、2ブース(受講6名 x 2ブース)で実施いたしました。

4名の専攻医、7名の内科医、1名のNP(診療看護師)がJMECC認定を受けました。

卒後20年以上のDrから内科専攻医、NPとそれぞれの立場で学びがあったものと思います。

本年度JMECCを受講されたばかりの宮崎先生と土田先生がアシスタントインストラクターとして参加されました。

 

指導者

ディレクター:樋熊 拓未 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

ブース長:吉田 徹 (聖マリアンナ医科大学 救命センター)

ブース長:井上 健男 (聖マリアンナ医科大学 呼吸器内科)

インストラクター:黄 世捷 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

アシスタントインストラクター:石橋 祐記 (聖マリアンナ医科大学 循環器内科)

アシスタントインストラクター:宮崎 秀和 (川崎市立多摩病院循環器内科)

アシスタントインストラクター:土田 知也(総合診療内科)

 

 

 

 

2019-08-25 17.33.22.jpg

 

臨床推論勉強会

先日行われた、大船GIMという総合診療内科の臨床推論の勉強会に参加してきました。

当院からも1症例出させていただきました。プレゼンターの先生お疲れ様でした。活発なディスカッションとなり、とても有意義な時間だったと思います。

IMG_3839.JPG

勉強会

本日行われた、東京総合診療カンファレンスに参加してきました。当科をローテートしてくれた先生が発表してくれました。とても勉強になる内容で、堂々とした素晴らしい発表でした。

IMG_3756.JPGIMG_3757.JPG

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑