第23回呼吸器インターベンションセミナーで発表

11月23日(土)・24日(日)に第24回呼吸器インターベンションセミナーが下呂温泉の水明館で行われました。

本セミナーではステント、EBUS-TBNA、TBB、保険収載されたクライオ生検などの呼吸器インターベンションについて合計27演題の発表がありました。

当科からは半田寛先生「Y型とストレートDumonステントの組み合わせで肉芽狭窄を解除し得た1例」、木田博隆先生「低侵襲治療としてのEWSを施行し、早期退院できた有瘻性膿胸の1例」、松澤慎先生「気管支鏡下にカプノグラフィーを用いた慢性閉塞性肺疾患における局所肺換気・血流評価」、さらに研修医の西由紘先生「呼吸器インターベンションに苦慮した気管支神経鞘腫の1例」と4演題発表を行いました。

発表時間8分に対し、質疑応答の時間が6分と十分な議論の時間が設定されているのも本セミナーの特徴であり、白熱した議論が展開されました。

西由紘先生も初めての学会発表でしたが、堂々とした素晴らしい発表でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。