内科学会ことはじめ2021で優秀賞を受賞

2021年4月10日、第118回 日本内科学会が開催され、当科からは研修医石田健祐先生が医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2021 東京で「LAMP法とPCR法が複数回陰性でも隔離解除できなかったCOVID-19疑似症肺炎の1例」の発表を行いました。

当日のライブでの発表や質疑応答も立派に答えており、優秀演題賞を受賞されました。

石田健祐先生、指導いただいた古屋直樹先生、おめでとうございました!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。